ブログ記事一覧

1~5件目 (833件中)

  • 鉄分豊富な魚

    投稿日 :
    2019-03-26 15:01:34
    カテゴリ :
    お知らせ
    WRITER :
    スタッフ

    不足すると貧血になったり、だるさや疲労感が取れにくくなったりする鉄分。鉄分補給におすすめの魚 「カツオ」 かつおの旬は春と秋である。餌を求めて北上するかつおは春に獲れ、初ガツオと呼ばれ、南下するかつおは秋に獲れ、戻りガツオと呼ばれる。   この時期に出回る、初ガツオは脂肪が少なくあっさりとした味わい。ダイエット中の方にもおすすめ!!秋に旬をむかえる、戻りガツオは脂がのって濃厚な味わい。回遊魚に特有の血合い肉が多いのも特徴です、血合い肉は、魚の背身と腹身の間にある赤黒い部分で、血合い肉には鉄分やタウリン、EPA、DHAなどの栄養が豊富です。鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があり、かつおに含まれる鉄分は、肉や魚に多く含まれるヘム鉄です。ヘム鉄は溶けやすいため吸収率は高いです。特に女性の皆様は鉄分不足になりやすい方が多いのでおすすめです。

    記事を開く

    不足すると貧血になったり、だるさや疲労感が取れにくくなったりする鉄分。
    鉄分補給におすすめの魚 「カツオ」 

    かつおの旬は春と秋である。餌を求めて北上するかつおは春に獲れ、初ガツオと呼ばれ、
    南下するかつおは秋に獲れ、戻りガツオと呼ばれる。

    ブログ画像
     

    この時期に出回る、初ガツオは脂肪が少なくあっさりとした味わい。ダイエット中の方にもおすすめ!!
    秋に旬をむかえる、戻りガツオは脂がのって濃厚な味わい。

    回遊魚に特有の血合い肉が多いのも特徴です、血合い肉は、魚の背身と腹身の間にある赤黒い部分で、血合い肉には鉄分やタウリン、EPA、DHAなどの栄養が豊富です。

    鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があり、かつおに含まれる鉄分は、肉や魚に多く含まれるヘム鉄です。ヘム鉄は溶けやすいため吸収率は高いです。

    特に女性の皆様は鉄分不足になりやすい方が多いのでおすすめです。

    記事を閉じる

  • きくらげの効果

    投稿日 :
    2019-03-25 13:26:44
    カテゴリ :
    京都三条店
    WRITER :
    スタッフ

      今日は最近話題になっているきくらげの効果について紹介します。   きくらげをクラゲの仲間だと思っている方も多いそうですが、きのこ類の一種で、桑や柳の枯れ木に発生します。       きくらげの栄養で特徴的なのが、豊富な食物繊維です。群を抜いて含まれているのが分かりますね。   その他には、カルシウムや鉄分といったミネラル、ビタミンB2もある程度の量を含みます。       きくらげの栄養では食物繊維を豊富に含むのが特徴です。   食物繊維は第6の栄養素とも呼ばれています。食物繊維はご存知のとおり腸を整える効能のほか、糖尿病の予防、インスリンの分泌を抑えるなどの効果があります。   コレステロールの吸収を抑える効能もあるため、血中のコレステロールの低下に役立ち、結果、動脈硬化の予防にもつながります。       きくらげのカルシウム含有量はきのこ類でダントツです。   カルシウムはご存知の通り、歯や骨を形成したり、神経の興奮を抑えるなどの効能があります。とくに骨粗鬆症予防や成長期のお子さんには必要不可欠な栄養です。       ぜひきくらげを毎日食べるようにしていきましょう。      

    記事を開く

     

    今日は最近話題になっているきくらげの効果について紹介します。

     

    きくらげをクラゲの仲間だと思っている方も多いそうですが、きのこ類の一種で、桑や柳の枯れ木に発生します。

     

     

     

    きくらげの栄養で特徴的なのが、豊富な食物繊維です。群を抜いて含まれているのが分かりますね。

     

    その他には、カルシウムや鉄分といったミネラル、ビタミンB2もある程度の量を含みます。

     

     

     

    きくらげの栄養では食物繊維を豊富に含むのが特徴です。

     

    食物繊維は第6の栄養素とも呼ばれています。食物繊維はご存知のとおり腸を整える効能のほか、糖尿病の予防、インスリンの分泌を抑えるなどの効果があります。

     

    コレステロールの吸収を抑える効能もあるため、血中のコレステロールの低下に役立ち、結果、動脈硬化の予防にもつながります。

     

     

     

    きくらげのカルシウム含有量はきのこ類でダントツです。

     

    カルシウムはご存知の通り、歯や骨を形成したり、神経の興奮を抑えるなどの効能があります。とくに骨粗鬆症予防や成長期のお子さんには必要不可欠な栄養です。

     

     

     

    ぜひきくらげを毎日食べるようにしていきましょう。

     

     

     

    記事を閉じる

  • 春菊の栄養

    投稿日 :
    2019-03-24 11:39:06
    カテゴリ :
    滋賀石山店
    WRITER :
    スタッフ

    今回は今が旬の野菜、春菊の栄養についてご紹介したいと思います。     ・風邪・肌荒れ防止   春菊はモロヘイヤや人参には劣りますが、栄養が高いとされるほうれん草や青汁でおなじみのケールよりも多くβ-カロテンが含まれています。   β-カロテンは体内でビタミンAに変わる栄養成分で、皮膚や粘膜を保護する働きがあり、風邪の予防や肌荒れの予防に効能があります。   茹でることでβ-カロテンの量が2倍になるので、春菊のおひたしやお鍋として食べるのがおすすめです。     ・高血圧とむくみ予防   春菊にはミネラルの一種であるカリウムが含まれています。   カリウムは体内の余分なナトリウムの排出を促す効能があり、体内の水分バランスを正常に保つ効果があります。   さらに血圧の上昇を緩やかにする作用もあるため、高血圧の予防やむくみの予防に効能があります。     ・止血作用と骨粗しょう症予防   春菊に含まれている栄養素であるビタミンKは脂溶性のビタミンで、血液凝固や止血作用に効能があります。   さらにカルシウムを骨に定着させ、骨を丈夫にする働きがあるので、骨粗鬆症を予防する効果があります。   カルシウムとビタミンKが一度に摂れる春菊は、とっても効率的な食材であるといえますね。     ・DNAの形作る・貧血予防   春菊には葉酸も豊富に含まれています。   葉酸は水溶性のビタミンで、妊娠中や授乳中の女性に必要な栄養素です。   DNAの形成、細胞分裂に深く関わっているため、妊娠初期や妊娠する前に摂取することで、胎児の先天異常のリスクを低下させる効能があります。   また、ビタミンB12とともに赤血球やヘモグロビンの合成を助け、貧血を予防する効果があります。      

    記事を開く

    今回は今が旬の野菜、春菊の栄養についてご紹介したいと思います。

     

     

    ・風邪・肌荒れ防止

     

    春菊はモロヘイヤや人参には劣りますが、栄養が高いとされるほうれん草や青汁でおなじみのケールよりも多くβ-カロテンが含まれています。

     

    β-カロテンは体内でビタミンAに変わる栄養成分で、皮膚や粘膜を保護する働きがあり、風邪の予防や肌荒れの予防に効能があります。

     

    茹でることでβ-カロテンの量が2倍になるので、春菊のおひたしやお鍋として食べるのがおすすめです。

     

     

    ・高血圧とむくみ予防

     

    春菊にはミネラルの一種であるカリウムが含まれています。

     

    カリウムは体内の余分なナトリウムの排出を促す効能があり、体内の水分バランスを正常に保つ効果があります。

     

    さらに血圧の上昇を緩やかにする作用もあるため、高血圧の予防やむくみの予防に効能があります。

     

     

    ・止血作用と骨粗しょう症予防

     

    春菊に含まれている栄養素であるビタミンKは脂溶性のビタミンで、血液凝固や止血作用に効能があります。

     

    さらにカルシウムを骨に定着させ、骨を丈夫にする働きがあるので、骨粗鬆症を予防する効果があります。

     

    カルシウムとビタミンKが一度に摂れる春菊は、とっても効率的な食材であるといえますね。

     

     

    DNAの形作る・貧血予防

     

    春菊には葉酸も豊富に含まれています。

     

    葉酸は水溶性のビタミンで、妊娠中や授乳中の女性に必要な栄養素です。

     

    DNAの形成、細胞分裂に深く関わっているため、妊娠初期や妊娠する前に摂取することで、胎児の先天異常のリスクを低下させる効能があります。

     

    また、ビタミンB12とともに赤血球やヘモグロビンの合成を助け、貧血を予防する効果があります。

     

     

     

    記事を閉じる

  • 春野菜

    投稿日 :
    2019-03-23 12:52:26
    カテゴリ :
    お知らせ
    WRITER :
    スタッフ

    暖かい日がきて春を感じたかと思えばまた少し寒い日がきますね。間もなく、春の花の代表、桜の季節ですが、野菜にも春野菜と呼ばれるものがあります。新じゃが、新たまねぎ、たけのこ…などの多くの野菜が春に旬を迎えます。春野菜は冬に旬を迎える根菜などに比べて、みずみずしさが特徴のものが多いですね。新じゃがは2月~6月頃に出回るじゃがいものことです。皮が薄く、みずみずしくて甘みがあるのが特徴で、皮ごと調理可能です。多くの野菜は、皮や皮の近くに栄養素が多いと言われているので、皮ごと食べられる新じゃがは、無駄なく栄養を摂取しやすい食材ですね。春キャベツは、冬時期のキャベツに比べると、柔らかくて甘みが多くサラダなどで食べやすくなりますね。旬のものを食べ、季節を感じ、健康維持を意識していきましょう!!

    記事を開く

    暖かい日がきて春を感じたかと思えばまた少し寒い日がきますね。

    間もなく、春の花の代表、桜の季節ですが、野菜にも春野菜と呼ばれるものがあります。

    新じゃが、新たまねぎ、たけのこ…などの多くの野菜が春に旬を迎えます。ブログ画像
    春野菜は冬に旬を迎える根菜などに比べて、みずみずしさが特徴のものが多いですね。

    新じゃがは2月~6月頃に出回るじゃがいものことです。皮が薄く、みずみずしくて甘みがあるのが特徴で、皮ごと調理可能です。

    多くの野菜は、皮や皮の近くに栄養素が多いと言われているので、皮ごと食べられる新じゃがは、無駄なく栄養を摂取しやすい食材ですね。

    春キャベツは、冬時期のキャベツに比べると、柔らかくて甘みが多くサラダなどで食べやすくなりますね。

    旬のものを食べ、季節を感じ、健康維持を意識していきましょう!!

    記事を閉じる

  • 短時間でカロリーを消費

    投稿日 :
    2019-03-21 11:47:47
    カテゴリ :
    滋賀石山店
    WRITER :
    スタッフ

      短時間でカロリーを消費するトレーニングを教えます。           160秒間の全力ワークアウト「タバタ式トレーニング」       日本発のタバタ式トレーニングは、腕立て伏せやスクワットなど自重エクササイズを取り入れた短時間の集中的なワークアウトで、筋力と持久力が同時に向上できると世界的に注目されています。       方法は、20秒間のワークアウト(腕立て伏せやスクワット、バーピーなどなんでもよい)を全力でできるだけの回数行い、10秒間休息するという組み合わせを、8セット立て続けに行います。       コツは20秒間のワークアウトで自分の全力を出すことです。       インターバルランニングとは?   準備運動として30秒から2分間の軽いジョギングを行い、そのまま同程度の時間全力疾走を行う、という組み合わせを繰り返します。   インターバルランニングのすばらしい点は、運動後に身体が燃焼するカロリーを増やす       「アフターバーン効果」   があることです。一般的にいわれる消費カロリー値は、有酸素運動中の消費カロリーのみで、運動後に消費され続けるカロリーは含まれていません。   無酸素運動である全力疾走後にも、身体はカロリーを燃やし続けます。   これなら長時間の有酸素運動を行う時間がない人でも、短時間で効率的にカロリー消費を実現できますね。       時間がある時に試してみてください。      

    記事を開く

     

    短時間でカロリーを消費するトレーニングを教えます。

     

     

     

     

     

    160秒間の全力ワークアウト「タバタ式トレーニング」

     

     

     

    日本発のタバタ式トレーニングは、腕立て伏せやスクワットなど自重エクササイズを取り入れた短時間の集中的なワークアウトで、筋力と持久力が同時に向上できると世界的に注目されています。

     

     

     

    方法は、20秒間のワークアウト(腕立て伏せやスクワット、バーピーなどなんでもよい)を全力でできるだけの回数行い、10秒間休息するという組み合わせを、8セット立て続けに行います。

     

     

     

    コツは20秒間のワークアウトで自分の全力を出すことです。

     

     

     

    インターバルランニングとは?

     

    準備運動として30秒から2分間の軽いジョギングを行い、そのまま同程度の時間全力疾走を行う、という組み合わせを繰り返します。

     

    インターバルランニングのすばらしい点は、運動後に身体が燃焼するカロリーを増やす

     

     

     

    「アフターバーン効果」

     

    があることです。一般的にいわれる消費カロリー値は、有酸素運動中の消費カロリーのみで、運動後に消費され続けるカロリーは含まれていません。

     

    無酸素運動である全力疾走後にも、身体はカロリーを燃やし続けます。

     

    これなら長時間の有酸素運動を行う時間がない人でも、短時間で効率的にカロリー消費を実現できますね。

     

     

     

    時間がある時に試してみてください。

     

     

     

    記事を閉じる

1~5件目 (833件中)

カレンダー

<
>

カテゴリ

    WRITER

      過去ログ